スマホ専用サイト

カフェ開業の手順

1、ダントツに売れる商品を手に入れる

2、一杯いくらで売れる環境を手に入れる

3、売りながらお客さんと資金を作る

4、資金が出来たら必要なモノを買う

5、自家焙煎でお客さんにとって
  なくてはならない存在になる

私が考えた「カフェ開業の黄金ルール

・確実に売れるものを売る
売れるかどうか解らないものは売らない

・最初に大金をつぎ込まない
店・焙煎機に1000万円以上つぎ込む
事はしない。開業資金は10万円で十分。

テント営業・イベント出店。
ジョイントベンチャーで稼げる。

・固定店舗を持つ前に、売れる商品で
 固定客と資金を作る。

ダントツに売れるコーヒーは、必ず
「もう、このコーヒーしか飲めなくなり
ました」というお客さんが現れます。

敷居の低いイベント出店で顔とコーヒー
を売り、お客と資金を作ります。

・1杯のコーヒーの原価率は20%なんで
すが自家焙煎を極めると、コストは20分
の1まで下がります。利益商品です。

コーヒーが自動的に売れるようになると
資金が作れます。資金が出来たら必要な
物を買いそろえれば良いのです。

低リスクでカフェを開業すると、コーヒー
の営業に専念することが出来、ダントツに
売れるコーヒーなので、

「もう、このコーヒーしか飲めなくなり
ました」というお客さんばかりになるので
売り込まなくてもコーヒーは売れます。

働いたらその価値に見合う対価が、
お客さんに感謝されながら頂ける。
そんな仕事がカフェの仕事です。

私は焙煎教室を通じで100人以上に
この事を教えてきました。

「閉店することはお客様への裏切り行為」

だから
大金をつぎ込んで

好きで始めたコーヒー屋1年2年で
閉店では困るんです


「もっと早く教えてもらったら店を
 閉店せずにすんだんです」

と怒られてしまった事もあります。
(出会うのが遅かっただけですけど)

小さな開業   大きな利益


BY 中島珈琲店

・リンク
コーヒーの原価率

カフェ開業・固定店舗は必要か

カフェは儲からない

顧客獲得コストの下げ方